スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

「アンジェリーナ」…佐野元春(80年)

佐野さん。唯一私が「さん付け」で呼ぶアーティスト。
私の今の音楽的趣味や趣向はすべて彼が出発点になっている。

さて、アンジェリーナ。
彼のデビュー曲である。
この曲を初めてラジオから聴いたときの衝撃はとてつもなく大きかった。
翌日レコード店を数件はしごしてようやく見つけたシングルのジャケットを見たとき衝撃はさらに大きくなった。

彼以前の日本のロックはいわゆる[不良の音楽]だったように思う。
(矢沢永○やクール○に代表されるような革ジャン・リーゼントスタイル。)
ところが彼は違っていた。
にもかかわらず、彼の音楽は確かにロックだった。
しかも2年前にデビューしていた当時のサザンのような語呂合わせ的な歌詞ではなく、きちんとした日本語のロックだった。

彼を聴くようになってから、レコードのジャケットに記載されているミュージシャンが気になりだした。
彼の歌詞に出てくる海外のミュージシャンも知りたくなってきた。

おそらく佐野さんにはまらなかったら、こんなにたくさんのCDに埋もれなかったのにと思う。
(無駄金と言わないでね…)



PS:今の20代の方には信じられないかもしれないが、80年代中期から後期の音楽雑誌は彼を中心に記事が書かれていた。
(例えば尾崎豊なんかは佐野元春のビートに浜田省吾の詞をのせたとデビュー当時言われていた。)
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

BJNパパ

Author:BJNパパ

カテゴリー

アーカイブ

記事+コメント

トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。